2013年7月12日

讀書筆記−未来の働き方を考えよう


讀書筆記

ちきりんー“未来の働き方を考えよう“


商業用書的銷量是反映著時代的走勢

檢視在書店中種類繁多的工作書本,就可以清楚地看到時代的變遷。(在日本由以前的退休後用退休金如何開一間烏冬店、渡過餘生,到現在標題己經轉為20,30世代的年青人該如何看自處,或是如何不靠企業獨立生存等等)

“工作人生“和“退休人生“該如何取之平衡?

30歲年青力壯的上班族也對早上迫電車感到苦痛,試想想這種情境對60歲的人來說是如何痛苦?
40歲開始出現老花眼、連看字體細少的資料或是智能手機的畫面都感到吃力、加上腰骨和膝頭的痛楚,拿著手事包爬樓梯的生活也變得天大的難事。

一生人一份工作只是非現實的想法

現在是壽命會廷長到100歲的年代,工作的方法也會有著巨大的改變。65歲退休己經幾乎變成不可能,大家若不工作到80歲,個人生活或是社會上都很難繼續向前走。
而且渡過50年後時代也會跟著改變,就連職業本身也會有著消失的情況。在仍未發明打字機和電腦的年代,“寫出一手漂亮的文字“的代寫員、或是“專業操作打字機打印文字“的打字員都曾經存在過。但現在都消失得無影無蹤了。
就算有著“手上有一份工作就感到安心“的想法,若果市場上不再需要這種專業技術的話,也變得毫無意義。
工作了半個世紀,不單只是時代,人也會跟著改變。能力、體力以及適應能力,想做的工作,也只有少部份的人會認為由20歲到60歲都不會變吧。

二次人生中生存下去

40歲的有利之處
*真實地了解到自己想做的事和適合做的事
*現在往後的生活都大概可以預測到
*現在往後的生所花的金錢大概可以預測到
*己經理解著後社會的形態
*己經客觀地了解著大介業和中小企業之間的好處與壞處
*己經可以想像、思考著自己的能力和知識可以如何運用,並靠雙手實現。

被要求著的想法轉換

死前都不會為金錢煩惱的人=短命的人
這份死前不用煩惱的金額,到底是多少?1億?3億?生活費也會隨著各種的條件也改變。
job steves在演講中曾說過“每天都要重複地問著自己,假若今天是人生中最後的一天,你還會做接下來預定好的事情?如果出現了幾次“no“的答案,你你就差不多需要改變一下了“。

人生的有限感

普通人都會對著各種的事情感到不安而買了不同的保險。
“如果我這樣做的話,收入會不會減少?“
“如果我這樣做的話,朋友們會不會討厭我?“
等等的想法,令我們不可以爽快地作出決定。一直都在雙腳前扣上剎車制,無法全開引掣駕駛自己的人生,就算有想前進的道路,因為未熟悉前路、或是地圖並沒有記載已踏入。因為“可能會有危險“。
當人生被宣告是有限的時侯往前行的方法也會跟著改變的話,今天以止的人生到底是不是自己所希望的?心中常常有著“入生還只有10年“的大前提,在設計著未來的前途和工作方式上控制著自己的方向。抱著就算10年後人生真的完結,也不會後悔,也渡過了一個愉快的人生,想做的事情也做了的想法活下去。

不是“將來去做“而是“現在去做“

工作的方式當設定為分割成上下半時,這個標題也有著它的合理性。我們患病的機會率從40歲開始急劇地上升,雖然在20歲、30歲時想像“一直持續下來的未來“也是可以,但當到了40歲時腦海中有著“人生不知何時會完結“的大前提下思考,意思也會變得不一樣。
很多人會在年青時因為沒錢而不休息,在退休乘坐12小時的飛機到訪歐洲或是南美的選跡。但是這樣並不是誰都可能做到的事,就算可以的話,天也不知道能不能享受到年青時同一樣的快樂。

*自己還可以乘坐到飛機嗎?
*因為飲食的制限(這兒所說的應該是糖尿病之類的問題),還可以參加各種的旅行配套嗎?
*雙腳變得不靈巧,還可以去到樓梯級多而廣大的遺跡嗎?
*長時間的讀書或是電腦作業還會不會感到辛苦呢?
間中有些人有“多做2年,我的退休金就會增加xx元,所以就再忍受多一下吧“的想法。大家有著不同的情況,不可以一概而論。但這時侯的你應該認真地問問自己,這個2件份的金錢,是不是比你2年份的人生有著更大的價值?

文學作品中也有“不要做人生中的旁觀者“,在屬於自己人生的舞台上,不能只是做觀眾,踏上你的舞台吧!“的文章。不是他人的人生,活在屬於自己的人生。不是在意於身邊的人如何看自己,而是過著自己由心出感到高興的人生。

為了設計出只屬於你自己的人生,明確地決定出想擁有的人生吧!

“很多人都沒有想做的事情,只是想風平浪靜地渡過一生。“這樣說來,腦海中浮現了許多想法,也令我覺得事實也可能是這樣。
世上有許多明明身無分文,但永遠都爽快地辭去自己的工作。為甚麼他們可以這樣做?因為他們有著“非常想做的事情“,“有著它,其他東西都不需要了“的想法。他們都是明確地有著自己想做的事情因而可以作出決斷。

看過這本書後令我浮起了不少的疑問;我也從來沒有想像過自己會工作到70歲、80歲,也未有思考過自己的人生、工作計劃、未來的道路該如何堆起來。而另外到底想做的事是怎樣?每天不想迫地鐵火車上班,可以睡到自然醒就是想做的事嗎?雖然作者是日本人,而日本的退休年齡又再被提高了,所以作者才會有此憂慮吧。但希望大家也可以好好想一想自己未來的40年會走上怎樣的道路。(現在的我也只是盲頭烏蠅一隻而己)


日本語版ノート



時代を映すビジネス本ベストセラー。
本屋に数多く並ぶ仕事や働き方に関する本には、時代の移りかわりが見事に映しだされています

”働く人生”と”引退後の人生”のバランスがとれて?
30代ではさえ苦痛な朝の通勤ラッシュは、60代の体力ではどれほど辛いことでしょう。
40代半から始まる老眼で、細かい資料やスマホ画面が見づらくなり、腰や膝を痛め、鞄をもって階段を上がるのも辛くなります。

一生一つのしごとは非現実的
寿命が100歳となる時代には、働き方も大きく変わります。65歳の定年など不可能で、みんなは80歳くらいまで働かないと、個人の生活も社会も立ち行かなくなります。
そもそも50年もたてば世の中は大きく変わり、職業自体が不要になる場合もあります。ワープロやパソコンがなかった時代には、代書屋やタイピングという”文字を綺麗に書く”、もしくは”文字を打つための専用マシンを操作する職業”が存在していましたが、今やそんな職業は存在しません。
”手に職をつければ安心”といっても、その専門技術を必要とする職業や市場時代が消えてしまっては、意味がありません。
半世紀も働くとなると、時代だけでなく自分も変わります。能力、体力や適性、やりたいお仕事が、20代と60代で同じだという人は、多数派とも言えないはずです。

二つの人生を生きる

40代の有利な点
*自分のやりたいことや適性がリアルに理解できる
*現在の延長線上にある生活が、ほぼ予測できる
*今後の生活に必要なお金の額が、ほぼ予測できる
*社会の仕組みが理解できている
*大企業、中小企業のメリット、デメリットが客観的に理解できている
*自分の能力や知識がどこで活かせるか、想像し、自分でアプローチする方法も考えられる

求められる発想の転換
死ぬまでお金に困らない人=寿命の短い人
このお金、いくらなんでしょう?1億?3億?、生活費については、様々に条件を変わり、複数シナリオが提示されます。
JOBSはスピーチで、”もし今日が人生最後の日だとしても、今日やる予定のことを本当に自分はやりたいだろうかと毎日問い続けていた。それに対する答えがノーの日が続くのなら、そろそろなにかを変える必要がある”と語っています。

人生の有限感
普通の人はいろんなことが不安で、人生にやたら保険をかけます。
”こんなことをしたら収入が減るのではないか”
”こんなことをしたら友達に嫌われるのではないか”
など考え、思い切った決断ができません。常にブレーに足をかけ、アクセルを全開にせずに人生を運転します、進みたい道があっても、よくわからない道、地図にのってない道には足を踏み入れない。”危ないかもしれない”からです。
人生が有限だと宣報された時に行き方が変わるだとしたら、それまでの人生は、自分が本当に望んでいる生き方ではなかったということです。常に”人生は後10年”という前提をおいて、キャリア設計や働き方のコントロールをするようになりました。10年後に人生が終わっても、後悔しない、本当に楽しい人生だった、やりたいことはすべてできたと思える生き方をしようときめたのです。

”いつか”ではなく”今”やろう
働き方を二回にわけて設定する考え方には、この点でも合理性があります。私達は病気になる確率は、40代から急激に上昇します。20代、30代は”ずっと続くの未来”を想定していればいいけど、40代にむかえたら”いつ終わるかもしれません人生”を前提として考えるのは、確率的にも意味のあることなのです。
多くの人は若い時にお金がなく、休みが取れないため、定年してから12時間も飛行機を持って欧州や南米の遺跡を訪ねます。でもそれは、だれでも可能のことではありません。たとえ可能だとしても、若い時と同じように楽しめるかどうかは誰にもわかりません。
*飛行機がまだ乗れるか?
*食事制限のせいで、ツアー参加できなくなる?
*足が悪くて、階段の多い遺跡には行けませんとか?
*長時間の読書やパソコン作業が辛くなりませんか?
時々、”後2年間働くと退職金がXX万円増えるから、そこまで我慢する”という人がいます。いろんな事情があるのでしょうから、一概に間違っているといえません。でも、自分自身にはきちんと問うておくべきです。本当にその額が、”2年間の自由”、”2年間分の人生”より、自分にとって大きな価値があるのかとうか。
”人生の傍観者になるな”自分の人生の舞台を、観客席からぼっーと見ていはいけない。舞台に上がれ、演じるのだ”という文章も印象的でした。誰かの人生ではなく、自分の人生を生きること。周りにどう見られるかではなく、自分が心から気持ち良い思える人生を送ること。

オリジナル人生を設計するために
手に入れたい人生を明確しよう!

”大半の人間はやりたいことなんてないんです。ただ大過なく人生をすごしたいだけです”と言われて、思い当たることが次々と頭に浮かび、確かにそうかもしれません。
世の中に、ごく僅かなお金しかないのに、いとも簡単に会社をやめてしまう人がいます。なぜそんなことができるのかというと、彼らには”ものすごくやりたいこと”、”それさえあれば他に何もいらない”ということがあるからです。自分のやりたいことが極めて明確だからきっぱりと決断できるのです。
幸せなんて所詮、自己満足です。自分が楽しければ他人の目は気にならないし、世の中が悪くても、傍目にはいけていなくても、もちろんお金が得られなくても、まったく問題ないと思えるくらい好きなことがあるからこそ、人生が変えられるのです。